カーディーラーイベントアイデア

イベントアイディア

頭を悩ます集客イベント

この時期ディーラーの企画担当者はどのようなイベントにするのか?
非常に苦戦していると思います。

2020年はコロナウイルス(COVOD-19)により人との接触を減らすということが当たり前となり、集客イベントなどでクラスターが発生したら業績どころでなく、世間から袋叩きにあってしまいます。

いくら感染対策としてアルコール消毒や検温などしても潜伏期間が14日という長い期間もあったら来店時には大丈夫だと思っていてもその後に感染する恐れがあるから厄介です。

しかし何もしない訳にはいかないと思うので、ヒントとしてお役立ち頂ければ嬉しく思っています。

イベントのコンセプトを先に決める

イベントを企画する時に企画担当者は数を集客しようとして、できる限り⼤きな網を使って⼤量の⿂を得ようとしますが、上司から数の評価をされているかもしれませんが、本当の目的とはイベントを開催することで販売に繋げることではないでしょうか?

例えば本年度より全車種取扱い開始!

と集客してもお客様の立場からしたら「全車種取扱い」がどうしたの? だから何?
というレベルの反応になります。

PULL型営業だから

⾃動⾞ディーラーの集客とはPUSH型の営業でなく、PULL型営業スタイルだからお客様に興味を持ってもらって来店してもらわなければいけません。

全員に興味を持ってもらうこと自体が無理な話です。

カルタ

例えばアイドルグループに興味のある人には「アイドル」という文字だけでも「カルタ取り」のように無意識でも目に入るようになっているのが脳の構造らしいです。

だから特定にしないとイベント集客は成功しないのです。

1.売りたいものを絞り込む

⾃社の取扱⾞種が20⾞種あっても「売りたい⾞種」を絞り込む
1⾞種だけでなくてもいいからとにかく絞り込む
例:SUVなど

2. 売りたい⾞種を買ってもらいたい顧客を絞り込む

30代の⼦供を持った家庭なのか?
⼦育てが終わって養育費が掛からなくなった50〜60代のシニア層か?
独⾝世代で⾞に興味がある20代なのか?

3. 販売地域性を絞り込む

販売する地域性によって売れる⾞種が異なります。
都⼼・郊外・⼭間部・降雪地域

4. まだイベントアイディアが浮かばない場合は

インターネット検索は知りたいことを検索する便利なツールです。
ここではイベントアイディアがどうしても浮かばない場合は「関連キーワード」を参考にすることをお奨めします。

関連キーワード

5. それでもイベントアイディアが浮かばない場合は

ニュースで取り上げられた話題のテーマをイベントにする。
話題=ニーズが⼤きく顧客の関⼼度が⾼い イベント成功確率が⾮常に⾼い

コロナ禍によりYahoo!ニュースになった車に関する記事

左:免許は持っているけどコロナに感染したくないから車の運転ができるようになりたいとペーパードライバー講習のニーズが高まっている。

中:若者の車離れといわれて車に興味を持たなかった若者が公共交通機関を使わずに車移動するために自動車教習所に殺到して予約が取れない。

右:3密を避けるために家族でキャンプをするためにオートキャンプ場が予約が取れないほどニーズが高まっている。

無料!イベントお役立ちファイル

イベントに役立つ詳細ファイル
をお送りさせて頂きます。
下記にご入力をお願い申し上げます。

[contact-form-7 404 "Not Found"]